正木薬局 社長のひとりごと

香川県にて薬局、グループホーム、デイサービス、アロマテラピーの経営を行っている正木薬局。 その社長のひとり言風日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続 エコな薬局

DSCN1208.jpg


続エコな薬局

最近のエコブームや節電の風潮も手伝って我が薬局もエコに取り組むことにした。
まず節電関係からはじめて蛍光灯をLEDに代えたいと思い見積もりを取ると天文学的金額が出てしまいLED電球は企画倒れになった。
次に電力消費時間と量を減らす作戦で店舗内の窓際蛍光灯を昼までは消灯、また今まで交換時期を遅らせていた蛍光灯を思い切って全て新しい物に交換して消費電力を削減を狙った。(従来型の蛍光灯はLED電球の普及も手伝って今までより低価格で購入できた。)
我が薬局は受付・待合が南西向きで日当たりが良好すぎるぐらいなので窓際消灯作戦は、暗くなることなく60ルックスを軽くクリアーして大成功した。
また、薬局内最大の消費電力の持ち主である13年使い込んだクーラーは昨年の猛暑でリタイアしてしまっており、その時買い換えた新型君が今年も大活躍しており、こちらは引き続き空調を任せることにしている。昨年の買い替え時には、「何とかとクラーは新しいものに限る」と思わせるほど良く冷え、調剤室まで室温が下がったのには驚いた。

そして巷でよく見かけるグルーンカーテンなるものに初めて挑戦してみた。
しかし、昨年以上のゴーヤブームにより坂出かいわいのホームセンターでは売り切れ店が続出しており苗植えが完了したのが6月末であった。世間のゴーヤ達は、大きく生っているころであり、外野の声がやかましい中、不安いっぱいで苗植えとネット張りを済ませた。
しかし周囲の予想を裏切り、ゴーヤ達はぐんぐん成長し黄色い花をたくさん咲かせた。また、いつもは見慣れない昆虫や絶滅の噂のあるミツバチまで集まり、店先は賑やかになった。後は毎日の朝と夕方の水遣り(朝は女性陣たちに任せ、夕方は私が担当)と新芽の間引きを欠かさずこなし成長を見守った。
今までわが薬局では、観葉植物をいろいろ育ててきたが、今回のゴーヤのように成長が目に見えて早いものは初めてだったので職員達も力が入っているようだった。それとエコ活動に参加している使命感となんと言っても収穫できる喜びをみんなで共感できたことが成功につながった。肝心のゴーヤによる室温の低下は、体感するほどの効果はなかったが、緑は「エバーグリーン」であり、高齢者が大部分を占めるわが薬局では、活力みなぎる生命感ある(大げさではあるが?)店舗作りが出来たとわれながら関心している。またゴーヤの成長を楽しみにして来る高齢者との会話も今回のエコなグリーンカーテンの役割だと思った。
この夏を振り返ると職員全員で節電を考えてエコな薬局作りを目指したり、グリーンカーテンを作り、可愛いゴーヤの実を収穫できたことも喜びではあったが、いつもは少しナーバスな患者とゴーヤ料理の話で盛り上がったり、育て方を尋ねられたりで患者とのコミニュケーションに一役買ったことが今夏一番の収穫であり、喜びを感じた8月であった。


香川県薬剤師会誌 かがやく10月号より
kamo正木
スポンサーサイト
  1. 2011/11/04(金) 17:30:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

masaki911

Author:masaki911

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。