正木薬局 社長のひとりごと

香川県にて薬局、グループホーム、デイサービス、アロマテラピーの経営を行っている正木薬局。 その社長のひとり言風日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平成25年度第二回理事会

ねこ2浩二50歳
昨夜師走まえの11月29日に社会福祉法人 浩福会の第二回理事会が無事終了いたしました。
参集くださった、理事・幹事の先生方寒い中ありがとうございました。
第1から3号議案まで(経理規定の変更・任期満了に伴う役員改選また定款変更(案)について
協議いただき無事に全ての議案に全員の賛成をいただきましたことを報告いたします。
子うさぎ2
子育て支援拠点事業所「赤ちゃんうさぎ」と放課後子供教室「華 キッズ」の二つが新事業として理事会の承認を受けました。

特に定款変更案については、第2種社会福祉事業の追加と公益事業の実施の追加では、
浩福会の前進でありました、正木薬局 介護事業部門計画当初から、地域密着の中で
高齢者と明日の未来を切り開く子供達とのかかわりが出来ないものかと模索していました。

社会福祉法人として再出発した介護事業の中で、子供達・親御さんと高齢者との連帯を構築していきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/30(土) 08:54:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生姜湯はやっぱり今岡製菓さん!

20131129_132551.jpg
今年の冬は、今井製菓さんの生姜湯で勝負です。ここの生姜湯たちは砂糖からデンプン、黒砂糖に至りまで全部国産品で作られています。あっぱれです。

まさきこうじ
  1. 2013/11/29(金) 13:41:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐ50歳

ねこkouji50歳
明日、11月22日のいい夫婦の日に50歳になってしまう、現在の私です。こうやってみると白髪が目立っています。正木薬局を立ち上げてから21年余り、地域の医師の先生方のご協力で正木薬局は7薬局になりました。まだまだ地域のなかの薬局にはなっていませんが、色々な職種の皆さんや自治会の皆さんとの絆を大切にし行きながら「地域密着型の薬局」を目指しています。目標はやはり自衛隊のような「自己完結型」の薬局です。まだ50歳これからもガンガン進んで生きたいと改めて考えているところです。


ねこ2浩二50歳
マサキ薬局 川原店のお嬢様方がプレゼントしてくれた、かわいい子猫クッキーとうさぎクッキーです。猫好きの僕とウサギ歳の僕的は、大変うれしくいただきました。川原のみなさんありがとうございました。

浩二50歳
11月21日現在の僕です。「今夜は三豊市のあおぞら調剤薬局で夜間当番しています。9時までがんばります。」

まだ、49歳のマサキ浩二
  1. 2013/11/21(木) 19:32:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県 旧車ミーティング

20131117_103853人旧車

本日2013年11月17日さぬき空港のアドベンチャーゾーンで行われた讃岐旧車ミィーティングに参加してきました。
香川県にも僕以上にマニアックな人たちが大勢いるのにはびっくりしました。当日、わたくしの憧れの金毘羅の
M師匠も来られていました。
相変わらず、パワフルな方でした。僕は、今回125CCのかわいいやつで参加しましたが次回は大きなやつを持ち込みたいです。

ハーレー20131117_103823tlと


20131117_105548masaki,mv
  1. 2013/11/17(日) 21:45:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域の中の職能 薬剤師ができること?

薬ネット販売規制、閣議決定へ=処方薬「対面」盛り込む―政府

時事通信 11月12日(火)16時37分配信
HI350001.jpg



 政府は12日、一般用医薬品(市販薬)のインターネット販売を一部規制する薬事法改正案を閣議決定する方針を決めた。市販薬の99.8%のネット販売を認める一方、処方薬から切り替わって3年以内の市販薬は対面販売に限定。処方薬も対面に限ることが明記された。今国会中に成立する見通し。
 市販薬は副作用のリスクに応じて1~3類に分けられる。法案は、特にリスクの高い第1類をネットで買う場合、購入者が副作用歴や妊娠の有無などを業者へメールなどで送信することを義務付けた。薬剤師が返信し、さらに購入者から内容を理解したと返信があれば販売できる。業者による返信メールの一斉送信は認められない。
 ネット販売できるのは原則、実際の店舗で週30時間以上営業する業者に限られる。ネット販売中は薬剤師の常駐が必要で、オークション形式での販売や、購入者が感想を書き込むことも禁止した。 
  1. 2013/11/12(火) 18:02:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薬剤師は国民に、何を求められているのか!

安倍晋三首相は8日の衆院本会議で、一般用医薬品(市販薬)のインターネット販売を一部規制する薬事法改正案について、「早期に成案を得て今国会に提出したい」と述べた。関係4閣僚が5日に決めた一部規制の方針に首相が明確な支持を表明したのは初めて。民主党の近藤洋介議員への答弁。


shatyou.jpg

 市販薬のネット販売を一部規制する政府案に強く反発している三木谷浩史楽天会長兼社長は6日、立法化された段階で、政府の産業競争力会議の民間議員を辞任する意向を表明。同時に「首相の最終判断にかすかな望みを持ちたい」と語っていた。首相が政府案を追認したことは、三木谷氏の去就にも影響しそうだ。(2013/11/08-18:59)
  1. 2013/11/12(火) 17:59:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薬剤師諸君!

                         



 異常気象と今年の猛暑は、体力的にもきつかった。そしてその暑さは薬剤師職能さえも低下させたのではないか。 香川県では医薬分業が6割を超えようとしている。この職能の低下は分業率に、甘えた結果ではないだろうか、分業バルブの前の調剤や薬剤師がメジャーでなかった時期には、日薬も地域の薬剤師も目をぎらぎらさせて医薬分業に取り組んでいた。
しかし、大手の分業屋や異職種からの参入で、医薬分業は一人歩きした。これらのやからが分業率や処方箋発行率を上昇さしたかもしれないが、利益率を最優先させた薬屋が雇用したネームだけの薬剤師達が薬剤師資格や先輩薬剤師が育んできた医薬分業を崩壊させてしまった。


 一昨年来の分業バッシングや薬剤師不要論を会員の皆さんはご存知だろうか?

 薬剤師・薬局に対する国民からの批判は多岐にわたっている。「お大事に・・・!」の笑顔と言葉だけでは服薬指導を実施しできているといえない。

会員の諸君!次の質問を率直に答えてほしい。

 1、処方薬を熟知しているか。(情報書を頼りに服薬指導していないか)

 2、お薬手帳を十分活用しているか(手帳にはることがお薬手帳の活用ではない。)

 3、残薬は確認できているか。

 4、ジェネリック医薬品を積極的に推奨しているか。(後発医薬品に対する患者からの疑問や
   価格差を十分に説明しているか。)

 5、地域のセルフメディケーションに薬局として実践できているか。
   (OTCを蔑ろにして処方箋調剤主体の薬局業務になっていないか)
DSCN3755_20091026102006.jpg


 日薬は医薬分業は完成時期に入ったと叫んではいるが、本当に薬剤師業務や地域に信頼された薬局を運営できているのだろうか。処方箋枚数を競う会うような門前薬局達、ホームページやスタッフのすばらしさを謳い、自画自賛の自己満足で終わっている薬局チェーンの経営者達を見ると決して完成時期には達しているとは思えない。
 日薬いう完成された医薬分業に近づけるためにも、我々薬剤師や各支部薬剤師会は今からできる事と、中期・長期に対応した計算された実践案を模索し、即実行ていかなければ、本当に国民や行政・政府与党から見放された国家資格になるだろう。

 「会員諸君、再度、気力と体力を振り絞って国民から信頼される薬剤師職能をもう一度、国政に見せ付けようではないか!」 「薬と健康の週間」が10月17日から始まるが、この週間にあわせて諸君の薬局を地域の星となる医療提供施設として輝かせてもらいたい。

坂出市薬剤師会では猛暑の今夏、会員の協力を得て、一般用医薬品の販売状況や薬局を取り巻く環境に対する会員の考え等を回答数33薬局の回答を数字に表すことができた。

 次のアンケート調査の結果は、2割の薬局には登録販売者が常駐している。94%の会員薬局ではOTC医薬品の販売を実施しており、ほぼすべての会員薬局では医薬品以外の商品の販売も合わせて営業している。また、OTC販売の原則道理87%の店舗で対面販売を実施できている。

 問い5では、予想に反して8割以上の薬局ではOTC販売が経営上問題にはなっていない
 ようだ。 しかし、多くの割合でデットストックの対処が負担になっているようだ。

 問い7の欧米諸国が採用している、調剤業務に対するテクニシャン制度への問いかけには、
 3割の会員薬局の反対意見が見られている。3割の薬局は、薬剤師の職域を懸念しているの
 だろう。これは、各薬局の実働薬剤師数や処方箋の受付枚数によって開設者や管理薬剤師
 の意見の違いが3対7の数値に表れたと考える。
 
  そして、日本薬剤師連盟の必要性の問いかけには約2割の会員が必要なしと回答している。
 この数値は先の参議院選挙(木村りゅうじ氏)の得票数と一致している。

  もし、日本薬剤師会の総会員数の2割の薬剤師が何らかの選挙活動や投票行動を起こして
 いれば、薬剤師の新しい代議士が誕生したかもしれない。来年の調剤報酬改定まえの今回の
 木村選挙の惨敗は、医薬分業の後退に繫がらないように祈るばかりである。
 
(社)香川県薬剤師会
常務理事 正木浩二
  1. 2013/11/01(金) 18:07:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

masaki911

Author:masaki911

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。