正木薬局 社長のひとりごと

香川県にて薬局、グループホーム、デイサービス、アロマテラピーの経営を行っている正木薬局。 その社長のひとり言風日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小児病院の遠藤先生おつかれさまでした。

11月16日(木)
ホテルサンルート瀬戸大橋にて中讃地区研修会にかも店の4人
(医事課T嬢、D薬剤師、F薬剤師、そして正木浩二)で参加
してきました。6時30分からでしたが、こんな日に限って段取り
悪くホテル到着が7時少し廻ってしまいましたが香川小児病院 
小児神経内科医長 遠藤彰一先生の特別公演には間に合ってやれや
れでした。(ファイザー(株)のガバペン錠製品説明には遅れてしまいました。ごめんなさい)

公演内容が{てんかんの病態と治療}でしたのと遠藤先生のお話という
ことでしたので時間が取れてよかったです。
かも店が脳神経科の門前であり抗てんかん薬の処方率もある程度あり
特に子供のてんかん薬服用の家族からの質問も多いので大変参考になった公演でした。年末を前にした忙しい時期に公演をいただき遠藤先生
には感謝いたします。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/17(金) 16:38:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<浩太郎来襲! | ホーム | 健康新聞に登場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masakiph.blog65.fc2.com/tb.php/19-f1e0f8c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファイザー

ファイザーファイザー(Pfizer Inc.,ニューヨーク証券取引所|NYSE:PFE)は、世界売上1位(2005年、売上高約513億ドル)の製薬会社である。本項ではその日本法人のファイザー株
  1. 2007/01/25(木) 03:11:17 |
  2. 優花の日記

脳神経科について

脳神経科神経学(しんけいがく、英語|英Neurology)とは、人体の「脳」や「神経」系を主に診療研究する主に内科学の一分野である。一般に神経内科学とも言われる。歴史的には内科学と精神医学の両方から発展していった経緯を持っている。.wikilis{font-size:10px;color:#666
  1. 2007/03/17(土) 15:45:34 |
  2. 脳の知識

プロフィール

masaki911

Author:masaki911

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。