正木薬局 社長のひとりごと

香川県にて薬局、グループホーム、デイサービス、アロマテラピーの経営を行っている正木薬局。 その社長のひとり言風日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

参議院選挙前なのに!其の2

帝都である東京といえば、やっぱり東京タワーです。政治家の皆さんも東京タワーのように
凛としてほしいものです。

東京タワー

薬局の役割と存在意識(その二) 

坂出市薬剤師会
 会長 正木浩二


昨年来から続く、医療関係団体やマスコミ等からの医薬分業批判の中で特に不十分な服薬指導や患者負担金額等にそぐわない調剤業務が挙げられている。
これらは、薬局薬剤師が顔の見える専門職として国民から認められていない証拠である。
私たちの身近にいる看護師と比べると看護師は、いつも患者のそばにいる専門職であり、医師と患者をつなぐ白衣の天使である。しかし薬局薬剤師を見ると、外来患者、病院や患者からの問い合わせ、そして一包化調剤に追われるあまり、患者とのかかわりや国民から望まれる薬剤師像をおろそかにした結果が、国民からは顔が見えない専門職になってしまったのである。
一方、病院薬剤師の評価が上がっているのは、院内処方から院外処方へと移行し、調剤全般にかかる実稼働時間が減少した結果、病棟活動や専門薬剤師等における入院患者や医療関係者に対して、顔がみえる薬の専門家として評価されたのだろう。

 薬局薬剤師で足りないものは、余裕のある笑顔と患者との望まれた対話ではないだろうか。時間に追われる調剤業務、毎月やってくる在庫管理とレセプト作成、油断していると時代遅れになる新薬情報、また人事や社内研修等あらゆるものに薬剤師の実働時間は消費されてしまっている。
そこで専門職として顔が見える薬剤師になるためにも、薬剤師職能を発揮するためにも、法的に調剤業務の補佐役となる調剤助手制度を確立してはどうだろうか。
調剤助手制度は、薬剤師の職域を脅かすかもしれない。しかし助手制度を導入することで、薬剤師の時間的な負担は大きく減少できる。錠剤のピッキングマシーンが調剤機器として許されている現在、マシーンに代わり調剤助手が錠剤や外用剤をピッキングしそれを薬剤師が監査すれば、非薬剤師が調剤したものには当たらないと思う。
 また、在宅訪問に調剤助手が同伴して、体調の聞き取りや残薬確認を行いそれを訪問担当薬剤師に報告するのであれば、これらも非薬剤師が薬剤管理指導をすることに該当しない。
 他の資格制度では登録販売者やケアマネジャーが都道府県知事の許可で実践されているのだから、調剤助手も都道府県知事の許認可での資格制度で運営できるのではないか。また、薬局内でのこの新しい資格は、薬局事務員の社会的地位や賃金面での差別化も確立され、より良い人材の獲得にも貢献できる。  また通信教育等の資格取得業者や各種学校 に対しても新たな経済波及効果も進むだろう。
調剤助手制度を活用し薬剤師自身の時間を作り、薬局の専門性を広め、「オラが村の薬局」の存在を国民に示すことで、薬局薬剤師は自立し医薬分業は国民の生活の一部になるのではないか。
 薬剤師職能を新たに確立しなければならない昨今、私たち「国家資格者」は自信をもって、薬局のパートナーとして、また薬剤師連盟のよき協力者としての「調剤助手」という新しい許認可の方向性を模索する必要性があると考える。

平成25年かがやく7月号より
ラビットまさき

スポンサーサイト
  1. 2013/07/03(水) 15:03:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<薬剤師は消えるのか? | ホーム | 今夜は選挙前なのにSGDです。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masakiph.blog65.fc2.com/tb.php/344-b8da6251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

masaki911

Author:masaki911

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。